2017年3月6日月曜日

長崎の泳がせ青物釣り ブリ&ヒラマサ

永山です。

波が荒れてしまったのと、潮が悪いせいもあり、3時間だけの釣りでしたが、泳がせの青物釣りに行ってきました。

仕掛けを作り、タックルセットし漁港を7時くらいに出発。



波が少し立ってるなあ。。



ポイント近く。


この日は客が少なく2本出しできました。
反対側にもセットしてます。

ロッドは、アルシエラ落とし込み(左)と、リアランサー落とし込み(右)。

バット部分です。



胴部分です。




リールは、16フォースマスター1000と2000に、PE5号とPE6号巻いてます。
1000の方は予備で購入しました。


2本出そうと思うも、痛恨の予備リールを忘れる。

との事で、リアランサー落とし込みの方に船長のリールを借りて装着。

すると、借りたリールの方にそこそこ大きなアタリ。



見たらわかりますが、これは10キロクラスの引きです。
5、6キロクラスだとはじき方が浅くスパンが短くなりますが、これは大きく長いということで少し期待。

あとはアルシエラの方にもアタリが来たり。

今日は途中でバラシが3回ありましたが、なんとか3時間で3匹。

バラシの1回は、瞬間的に20号ハリスが切られてんだけど何で?
青物では20号切られないんだが。。
100号オモリも全部無いんだがなんで?
誰なんだ?

結局、10時過ぎに波が荒れてきて、潮も悪くなり終了。

この日の釣果は。
上から10キロブリ。
あと2匹は7.5キロと7キロヒラマサ。
こっちではヒラス言います。



 知り合いの魚屋に直行し捌いてもらい、自分はブリのカマだけ確保。
あとはすべて皆に配って一安心。

しかしたまに思う事あって、何気なく釣って毎回配ってる魚ですが、買えばそこそこ高いんだなーと。。。


しかし仕方が無いです。
釣る行為だけで大満足なのですからね。

てか、この時期で既に顔が黒いんだが、夏大丈夫かな。