2017年3月18日土曜日

泳がせ釣りでヒラマサ一匹で敗北

永山です。

久々の凪予報が出ていたので、すかさず船長に電話。

他県組と合流し6時過ぎに四人で出船。


いつも最後当たりに出船だけど、船長今日は早い。5番目くらいやん。


今日のは、変な組み合わせのタックルです。

ビーストマスターキハダと、フォースマスター2000にPE6号。



リーダーはナイロン16号をPRで。

この竿はミスマッチだけどどうしても試してみたかったから使う事に。

泳がせに使えるか?という感じで。


結果的に言えば、竿を試すこともあまりできず、82センチ4.5キロほどのヒラマサのみで敗北。。

14時くらいに漁港に。

竿は全然余裕でした。
この感じじゃたぶん、20キロクラスのヒラマサも楽にあげれます。

しかし今日は、当たり無くてどうしようかと思ったくらいでした。


貴重な一匹を血抜きして神経締め。
せっかくだから、四分の一食べました。


船長曰く、こんな当たらない日は初めて、と言うことで次回に期待。

ヒラメ、真鯛、ヒラゴ、アオナ、でした。



次回は、リベンジです。

そう、そう、手に入れたビーストマスター6000。



ウルトラ2ダイニーマのPE12号を400メートル巻いてます。

15号200メートルでもよかったかな。。

9000よりは小さいですが大きいです。



磯や堤防で使っている、BB-X デスピナ 2500DXG や、両軸のオシアと比べてみても一回りデカイ。そして勿論重い。

しかしレベルワインダーが大口なとこがうれしいです。



PEとリーダーをPRで結んだら、フォースマスター1000や2000だとレベルワインダーに結合部が詰まって通りにくくなるんです。

落とし込みの時に、若干困ります。
結局、PEとサルカン直結でやるはめに。。
まあ強度的には全然問題ありませんがね。

しかし、これだったら大丈夫そうです。

そう、私は遂に、

ボク永山、遂に、

幻のアラ(九州ではクエをアラと呼びます)を狙います。


人生一回しかないし、一回だけでいいから釣ってみたい、という願望への挑戦。

今年釣れなくても、来年リベンジ、再来年も、
釣れるまであきらめず、気長に何十回も頑張るつもりです。

オッサンもロマンくらい持っていいと思う。

全国のオッサン諸君よ、ロマン大事だと思う。


2017年3月6日月曜日

長崎の泳がせ青物釣り ブリ&ヒラマサ

永山です。

波が荒れてしまったのと、潮が悪いせいもあり、3時間だけの釣りでしたが、泳がせの青物釣りに行ってきました。

仕掛けを作り、タックルセットし漁港を7時くらいに出発。



波が少し立ってるなあ。。



ポイント近く。


この日は客が少なく2本出しできました。
反対側にもセットしてます。

ロッドは、アルシエラ落とし込み(左)と、リアランサー落とし込み(右)。

バット部分です。



胴部分です。




リールは、16フォースマスター1000と2000に、PE5号とPE6号巻いてます。
1000の方は予備で購入しました。


2本出そうと思うも、痛恨の予備リールを忘れる。

との事で、リアランサー落とし込みの方に船長のリールを借りて装着。

すると、借りたリールの方にそこそこ大きなアタリ。



見たらわかりますが、これは10キロクラスの引きです。
5、6キロクラスだとはじき方が浅くスパンが短くなりますが、これは大きく長いということで少し期待。

あとはアルシエラの方にもアタリが来たり。

今日は途中でバラシが3回ありましたが、なんとか3時間で3匹。

バラシの1回は、瞬間的に20号ハリスが切られてんだけど何で?
青物では20号切られないんだが。。
100号オモリも全部無いんだがなんで?
誰なんだ?

結局、10時過ぎに波が荒れてきて、潮も悪くなり終了。

この日の釣果は。
上から10キロブリ。
あと2匹は7.5キロと7キロヒラマサ。
こっちではヒラス言います。



 知り合いの魚屋に直行し捌いてもらい、自分はブリのカマだけ確保。
あとはすべて皆に配って一安心。

しかしたまに思う事あって、何気なく釣って毎回配ってる魚ですが、買えばそこそこ高いんだなーと。。。


しかし仕方が無いです。
釣る行為だけで大満足なのですからね。

てか、この時期で既に顔が黒いんだが、夏大丈夫かな。