2015年3月8日日曜日

【TDC2nd通信3.8】ジワジワくる

やってしまった感全開のニュースがジワジワ込み上げて面白いです。



インターネットで保険見直しの相談を無料で受け付ける
「みんなの生命保険アドバイザー」が先月27日、過去の利用者約2000人に 
「ブラックリスト様」の宛名でメールを送っていたことが分かった。
同サイトを運営するパワープランニング(東京)は
「新しい顧客管理 システムを導入した際、誤ったメールを自動配信してしまい、
心からおわび申し上げます」と謝罪している。 

 みんなの生命保険アドバイザーは、保険の見直しを検討している人からの
ネットでの申し込みに対し、複数の保険を扱うファイナンシャル 
プランナーを無料で紹介する仕組み。 

 パワープランニングによると、メールは先月27日午後7時ごろ送信された。
本文は「ブラックリスト様」の書き出しで「検討させて 
頂きましたが、無料相談の対応が可能なアドバイザーのご紹介が難しくなっております
(中略)今回のお申し込みはキャンセルとさせて 
いただきます」などと依頼を断る内容。申し込んでいない人にも送られていた。 

 送信から約30分後に過去の利用者から「不快だ」との抗議が電話であり
「誤送信」が判明。その後、発生理由や再発防止策などを 
書いた謝罪文を送信した。毎日新聞の取材に対し、同社は
「虚偽の申し込みなどをされた方はブラックリストに載せているが、メールを 
送った方は一切関係ない」としている。 

ソース(毎日新聞) 
外部リンク
http://mainichi.jp/select/news/20150308k0000m040008000c.html






要するに

金にならない者、何かしらの問題を抱える者、
何かしらの名前で登録しているんですが
これはどんな企業でもしています。

うちでも削除しないで全部残しています。

しかしリスクマネジメントの観点から
「ブラックリスト」などのあからさまな名前で登録はしてないですね。

大概どこも隠語で登録されているはずです。


だからこの会社アホじゃないかと思いました(笑

名前差し込みの際、もし誤って「ブラックリスト様」で送信になりますからね。

で、今回はそのまんま名前差し込み時の英数字を
誤って名前ではなく「ブラックリスト」と入力されている項目の
差し込み記号をメールに入力し送信してしまった。。。

やべえわ。。。

結果まんま「ブラックリスト様」になってもうた。。


って訳でしょうね。

何かいい訳していますが、
送ってしまったメールは取り戻せません(笑






コンテンツです。
3つ有ります。


TDC2ndメンバーはメールを確認しダウンロード願います。


それではまた。

永山