2014年3月12日水曜日

有喜の地磯&結の浜テトラ

有喜の地磯&結の浜テトラの説明。


まず有喜の地磯ですが場所はここにあります。




浅いです。

車はウキウキビーチの駐車場へどうぞ。


それでどんなものかはこんな感じです。



全体的にかなり浅く根がかり覚悟です。

しかしビックリしましたよ。

魚影は濃いです。





私が眺めていたら黒鯛(チヌ)が5~6匹泳いでいました。

写真でとろうと思いましたが反射してますね。。。


こんな浅いテトラだらけのとこに・・・
あーテトラだらけだから隠れるとこ沢山あっているんだ、と把握。

よってここでもおそらく釣れます。

駐車場バッチリだし足場いいし、最高じゃないかなと思いましたよ。

個人的にはビーチの横で釣りはしたくはない、と思いましたけど魚はいます。



次に、結の浜の南側テトラです。




ここは近年、ウミガメの産卵場所になってるみたいです。

大門の堤防のほうが釣り人が多く、釣り場としてはメジャーです。

あとは瀬渡しで下の島と上の島へ行き、グレやチヌ釣りが多いです。

しかしなぜテトラなのか?

ここは危ないから誰も釣りしていません。

足場が悪く、テトラから落ちたら5~6メートル下に落下してしまいます。

間違いなく大怪我します。


場所はここ。




私が行った時は手のひらサイズのグレが無数に泳いでいました。

その下の方に40ほどのグレが見え隠れ、という釣り場です。





真鯛も釣れて、私が以前行った時は30オーバーのメバルやチヌとグレが釣れました。

ただ餌取りが多く流れが少しだけ早いです。

足場が悪いから荒らされていない模様。

注意点はとにかくテトラを慎重に一つ一つ渡る事ですね。

ここ危ないです。


おすすめは赤丸の場所で、ここが一番降りやすいですね。


ソーラー電灯の3つ目から降りると覚えた方がいいです。

場荒していないので釣れるでしょう。


それでは。