2013年5月8日水曜日

ゴールデンウィーク パート3 伊王島とチヌ釣り自己最高記録

伊王島に宿泊です。

コテージへ。



なかなか広くゆっくり出来ました。



ロフトみたいな2階。


海が見えます。



私はここで。女2頭は下で。










ちょうどこの時期は伊勢海老解禁でさっそく。

すごく美味しかったです。






さてさて、そんな感じのGWでした。


さて嫁の母も帰り、自分のGWが始まりました。





ようやく釣りができます(笑)

と言っても3~4時間と時間を決めていきましたが。




この日は、満潮が昼の1時で若潮。

朝8時位に目が覚めて南串山のどこかへ1時間ほどかけて行きました。

9時過ぎに到着し9時半から釣り開始。


本日の撒き餌はなんとボイルオキアミのみ!
付け餌もボイルのみ!


ボイルオキアミは3キロでサイズは2Lにしました。

しかしなぜすべてボイルにしたかといえば、この時期は小さなスズメ鯛がうじゃうじゃいますので
固く大きいボイルならば喰えんだろ、ということです。


結果、作戦成功で撒いても撒いてもスズメダイは来るけど中々食べることができません。

諦めてどっかいくスズメダイも結構でてきました。なんて嬉しい光景なんだと。

沈下速度はボイルなのでナマよりもゆーーーーくり沈んでいきます。

集魚材も全く入れていないので、ちゃんと効いているのか、心配でしたが私は効いてると信じ撒き続けました。

ルアーマンもチラホラいますし、私と同じく餌釣りしてる人も結構います。


20分くらいすると

「おおっ!」


口太グレか尾長グレ(30~40センチ)が徐々に浮いてきました。


ああーどうすっか、

グレ針に変えてグレ釣りしようか、

と考えグレ針6号に変えてウキは全層の000へ。

ゆーくり撒き餌と同調させながら棚付近まで大物がいると信じて沈ませました。

ここの釣り場は流れがほとんどなく非常に釣りやすいから楽です。


5投目くらいに右のおっさんが竿曲げてましたので見るとチヌ!

あーーれーーー?チヌか!グレ釣りやめるか。

と思い、チヌ針に変えるかな、と思いながら撒き餌を入れているバッカンに竿を掛けて飛び散った蒔絵のボイルを広い海に投げていたら、


竿が

「ガタガタガタガタ!!」

ラインが

「シュルルルルルルルーー!」



おおおおお、と思い慌てて竿を取り巻くと、重い!


竿を真上に上げて耐えるえけどグングン走っていく勢い。

バラしたら何の意味もないから一旦リールをフリーにして10秒ほど泳がせました。


そしてまた竿を立てて徐々に近くまで寄せると今度は左に走る!

そして下のブロックの穴に入ろうとしている!


おりゃーーー!と思い、意地で引っ張り出しました。

すると運良く沖の方に走っていきましたので、こうくればこっちのものです。


左のルアーマンが祭り回避で一旦竿をあげてこっちをガン見していましたから、
ここでバラしたら面白くない。


後ろの漁師も「何のかかったねー!」と近寄ってきます。

私も「まだわからん!」と言い


徐々にリールを巻いて遂に浮きました。


チヌです!


慎重にタモへ誘導し確保。









48.5センチ、1.8キロ


オスのチヌでした。

上げると白い液を噴射させていました。のっこみチヌです。


頭が少しボコって出ていますね。これは50センチ超えて大きくなるともっとボコって出てくるらしいです。

と言うことで、

私の自己新記録48.5センチのチヌでした!

しかしこのあとは木っ端グレとベラのラッシュで終了。



もうすぐで50センチです。

また次頑張ります。


しかし

次はキスを釣りに行こうと考えています。









0 件のコメント:

コメントを投稿