2013年4月3日水曜日

南島原のっこみチヌ釣り

※申し訳ないですが、これから当分(数ヶ月か)は釣り関係の記事となります。マーケティング関連の記事も勿論書きます。



今日昼から釣りに行ってきました。

先日行った南島原近くの海水浴場付近にいいチヌがいそうなポイントを見つけてしまって
どーしてもそこで試したくて行ってきました。

釣るのは勿論チヌです。

風がちょっとばかり強かったのですが、なんとかなりそうです。

着くと先客が3人。ちょっと離れた場所を選び準備開始。



準備している途中、若い兄ちゃんがでかいアラカブ(カサゴ)あげていましたので、
内心「ええー・・チヌいないの?」と思うけれど、いるはず!と願い釣り開始。


1時間くらい音沙汰なし・・・・

あれ・・・・

いないのか・・・・

先客2人は帰ったし、若い兄ちゃんと俺だけか・・・ いないのか・・・

と思いながらも続けました。



そんな感じで撒き餌を打ち続けていたら、

思わずビクッ!!!



いえ、別に当たったわけではないです。


海面付近の撒き餌をチヌがバクバク5匹くらい浮いて食べているではありませんか!

昼間に浮くんだ!撒き餌が効いてきてるぜ。よっしゃ。


と萎えていた気持ちが大復活しやる気全開で、

仕掛けを半誘導から全誘導へ素早く変えていざ投入。



しかし、アタリがない・・・

やっぱダメか・・・

と思い手前の方まで流された仕掛けを引き上げようとした瞬間!!!

「ジジジジーーーーー」

とラインが走りました。


これはチヌのアタリだ!

強いアタリを初心者なりに耐えて上がってきたのはコレ。

44センチ 1.5キロ





ひとまず安心です。

夜飯確保。


いやー嬉しいものです。

アジとアラカブばっかりだった釣り初心者からこんな魚釣れるようになるなんて。

確かこのブログを始めた頃に初心者海釣りセット的なものを買って釣り始めたよなー、と。


しかしこのあと、1時間くらいアタリがなく撒き餌も残り少なくなり、もう帰ろうか、とした時に来ましたよ!


仕掛けを投げて、撒き餌を一杯投げて沈んでいくのを待とうか、




とした時に

ウキが海中へすごい勢いで左の方に消えていきました。

あわせると、猛烈な引き!


「なにこれ、こえええーーーよ。チヌなの?」

と必死に竿を立てて耐えること耐えること2分。


60~70メートルくらい走られて左の磯際の底の方へ潜られて1分。



弱ってきたのか、徐々に巻いて耐えてを繰り返し浮かせました。




47センチ 1.7キロ




こんな元気がいいチヌは初めてでした。


若い兄ちゃんが「大丈夫ですか」と心配で近くまで来てくれていました。

竿さばきが危なっかしく時間がかかったからだと思います。(笑)


50センチ超えて2~3キロとかなったら、上げるの大変なんだろーねーと。


一匹目のチヌの胃袋の中は牡蠣とイガイだらけでした。
二匹目このチヌの胃袋の中は海草だらけでした。

同じ場所だけどチヌによって違うんだなと。


そんなことで今日の釣果はチヌ二匹。

刺身と寿司とソテーと煮付けとなります。



そうそう、遂に竿を買いました。

初心者用のコレ。



「アドバンス大磯1.5-530」たるチヌ釣り入門用みたいです。

店員に「俺でも釣れるチヌの竿どれ」と聞いたらコレ持ってきたので買いました。



今まで大西会長から貰ったもの(ヒラマサ用)が重かったので半分以上軽いものに。

しかし恥ずかしかったな、と。今まで知らずにヒラマサ用の竿でアラカブ釣ってたのかと。


メールで仕掛けとか書いてください、

と来ていましたので一応書きますが、あまり参考にならないかと。


ライン(リールに巻いてある糸)は2号使っています。

ウキはこんなのです。



「全層」とか書いてありますからわかりやすいですよ。

号数は殆ど0号でやってます。アタリがわかりやすいから、と理由だけで。

00は沈みます。(00号俺にはまだ早かったから使っていません。。)

これらは全誘導仕掛けですから、ウキ止めなんかは使いません。
ラインにこれ通して

それからコレ


Jクッションたるものをラインに固定します。
潮受ゴムですね。違うかな?



あとは潮の流れに応じてガン玉やジンタンを打ちます。

ハリスにはもう打ちません。サルカンも使いません。直結びです。

あと、ハリは2号ばっかりで、ハリスは1.5かな?

ハリとハリスが予めセットになったものしか使いません。(結べないから選択肢がソレなだけ 笑)



これは釣った魚の口を挟んで持ち上げる道具。




あと、ペンチとナイフとハサミ。
ペンチがもうやばいかも。





付け餌。

上のは発泡スチロールに入ったもの。サイズは2Lくらいです。
右下のはよく見る生タイプです。

でも、個人的にずっと使いたいのは、左下の半ボイル、もしくは完全なボイルです。

今日使った付け餌も左下の半ボイル使いました。



理由は単にハリに付けやすく外れにくく、餌もちがいいから、というめんどくさがり特有の大雑把な理由。

しかし、よく考えるといくらボイルが硬いから、と言ってもチヌは貝を噛み砕くくらい強い顎持ってますからボイルくらい余裕でかじるんじゃないかなー、と思って使ってます。

あとボイルは沈まない、喰いが悪い、と言われますが、重りで調整もできますし、喰いに関してはそんなことはないかなー、と思いますよ。

わかりませんがね。



あとは撒き餌の配合ですが、最近色々と試しています。

今日試したのは、いつも使っているオキアミとアミと集魚剤、パン粉、麦、それに
スライスにんにく(水でふやかして細かく刻み入れました)と、焼肉のたれ500mlの3分の一~半分位、コーン。



そうそう、最近いい情報を聞きました。

米ぬかがいいらしく、しかも無料でもらい放題とか。

家の近くに(田舎特有)精米機がいくつもありましたから行ってみると、「米ぬか倉庫」たる電話ボックスの3倍くらいの倉庫が精米機の横にあり、張り紙が貼ってありました。

「米ぬかはこの扉を開けて自由にお持ち帰りください」

だと!!!

開けてみると、膨大な量の米ぬかの山で笑ってしまいました。

よってこれからは、精米機の米ぬか、お世話になります。集魚剤いらないっぽい?


今度はオイスターソースとカレーで試そうかと企んでいます。





願わくば今年中に50センチオーバーを釣ってみたい。

それでは。