2013年3月15日金曜日

島原半島のチヌ釣り

今日は一日時間が取れましたので、久しぶりにストレス解消として釣りに行ってきました。

いつも行っている諫早の近場、大村湾や橘湾ではなく、島原半島の南部方面へ行ってまいりました。

結果はチヌが二匹。

朝8時半くらいに釣り場に到着すると、既に5人くらいやっておりました。空いてる場所を確保し、撒き餌や仕掛けを準備して9時過ぎからスタート。

5投目にHIT。



38センチでしたが、なーんか嬉しかったです。

岩の隙間に入り込んでしまいましたので、ライン切れそうでヒヤヒヤしながら超慎重に上げました。


それから2時間くらい何回かアタリが少しあったくらいで何の音沙汰もないまま。

もうダメだな。。撒き餌もなくなってきた。。あと10回分くらいやん、と思い諦めて帰ろうとした時に、ウキがゆっくり沈んでいったのでゆーくり合わせると、ゴンゴン!とHIT!


釣り上げた時の写真撮るの忘れましたが、家に帰って撮りました。



これは44センチ。チヌは石が激しく動き回っている感じの引きです。ゴン、ゴゴゴゴゴーン、って感じ。

これはさっきのタモの中のチヌ。


しかし今日は参りました。

右の隣のおいちゃんが大体1時間に6匹ペースで上げていたので、萎える萎える。。
スゲーなおい、と思いながら見ながらやっていました。

左のおっさんもスゲーでかいのバンバン上げるし、なんなんだよ、ここ凄い場所なんだな、と痛感。

潮の流れは川みたいに早くて流されまくりだし、撒き餌と同調ムズすぎてオレにはまだここ早いかな、と凹みながら釣っていました。

俺はやっぱアラカブ(かさご)とメバルかなと。


しかし帰りに右のおいちゃんと30分くらい話してしつこく色々とコツを教えてもらいました。
13時くらいに撤収。


そう、餌とかはこれ使いました。





キザミッコはめんどくさがりの私にピッタリですぐ使えます。


これは、かめやオリジナルのらしく使ってみました。



へえーのっこみチヌ専用とかあるんだ、と思って使ってみました。



にんにく100円の混ぜてみました。
効果はわかりません(笑)

あとはパン粉と麦を混ぜました。


付け餌はこれ。




最近新しく買ったもの。撒き餌入れるやつ。3000円くらい?


針は元々ハリスに繋がったものしか使いません。めんどくさがり屋。

仕掛けは半誘導か全誘導、最近は全誘導ばかりやっています。

今日も全誘導でウキは最初00号にガン玉うってやっていましたが、
右のおいちゃんが「しょりゃでけん!しずめっしもうたらここはでけんばい。こんどはあっちさん流れっしまうばい。」(※それではだめだよ。沈めてやっても同じ、ながされる))と言われましたので、0号にジンタンうちました。

そしてまた「なしジンタンばハリスにうったとね。ハリスは遊ばせんばでけんとよ。とんしゃい。」(※なぜハリスにジンタンを打ったの?ハリスは遊ばせておかなければダメ。取ったほうがいいよ。」

この辺がホントわかりません。ほら、教科書みたいのでは、針上30センチとか、50センチとか書いてあったからつけたのにー、と思いながら、状況や場所で違うんだな、と学習!


しかしホント海面の流れは早いし、水中の流れは逆方向に早いし、引き潮時にはそれが全く逆になったし、もう訳がわからなさすぎて頭爆発しそうでした。

いつも穏やかな堤防に座り、半誘導仕掛けでのんびり釣っていたツケが。。。



あーまたリベンジいつか行きます。

しかしここで鍛えればどこでもできる、と言ってましたので次また頑張ります。
長崎かの超有名A級ポイントの三瀬の名人はここで腕を鍛えたらしい。

チヌは刺身、煮付けでおいしゅう頂きました。


あ、そうそう釣り場は漁港近くのテトラです。