2012年12月19日水曜日

信用できるかできないか パート1

選挙お疲れさまです。
予想以上の結果になりましたが、案の定各メディアは既にネガキャンに入ってます。
これがまた面白いのでそれはそれでいいですが
嘘の報道はやめて欲しいものです。
というよりなんとかして欲しいですが。。

結局のところ信用するも各個人の判断だとは思いますがね。

そう信用といえば、私はかれこれもう8~9年ほど累計数万通のメールを対応をしております。

おー、こーやって思えば長いものだなーと思います。

それで長い間メールでのやり取りをやってて特殊な能力、というか
それまでわかることはなかった事がわかるようになったことがあります。

人を判断する能力。

わかりやすく言うと

「この人は“ある程度”信用してもいい」「この人は信用できない」がわかります。




私と同じような仕事をやっている人ならば
「そうそう!なんとなくわかるよそれ!なんで?」と思うでしょうね。

そう、本当にわかります。大体とかでななく、最終的に何考えているか、何が目的なのか、良い結果が待っているか、悪い結果が待っているか、これがわかります。


仕事が仕事なだけに、今までお金目当てで接触してきた人は数えきれないほどいます。

明らかにそうわかる人もいれば、一応画策してくる人もいます。

これは勿論現在進行形でありますので、どう判断しているか具体的なことをすべて言うことはありませんが、参考になればと。

コンサルってのはどちらかと言うと胡散臭い世界です。どんなに大きいボスコンやマッキンゼー、船井にも言えます。

そして残念なことに大半がペテンじみたことを行い、インフォビジネスというコンテンツ扱うの方々はほぼ全員と言ってもいいほどです。

そう、私もどうぞ含めてください。

その同業から数えきれないほどモーション、云わば詐欺行為を行なっている方々を何年も相手に対応してきたのだから、響きは悪いですが私は詐欺師を指導してきた詐欺師の先生です。

詐欺師を出し抜きパフォで震え上がらせ思考を止め極限状態にする。私からすれば赤子の手を捻るくらい簡単です。(実際5月末覚えていますか)

それでどう判断しているのか。



続きを書こうと思いましたが、急用です。

出かけてきますので続きはまた。



そう、近いうちビデオ提供します。お楽しみに。