2011年3月28日月曜日

心よりお祈り申し上げます。

日頃よりデジタルナレッジをご利用していただきありがとうございます。


3月11日(金)に発生いたしました東北地方太平洋沖地震により、

被災された皆様にお見舞い申し上げると共に一日も早い復旧を願っております。

まだ余震が続く中、不安に過ごしている方も多数いらっしゃると思いますが、

皆様のご無事を永山崇・デジタルナレッジスタッフ一同、心よりお祈り申し上げます。


永山崇
デジタルナレッジ一同







━━ MENU ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 無事でありますよう
◆ インテグレーテッド マーケティング コミュニケーションズ IMC
◆ 警視庁へ通報協力
◆ 様々な世論
◆ 2週間ほど考えたあげく
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


──────────────────────────────────
◆ 無事でありますよう
──────────────────────────────────


こんにちは永山です。
今もなお大変な状況が続いていますが、皆様が無事でありますよう心から願っております。

本来なら、3月12日、3月19日、にメール連絡を配信する予定でした。
新しいスキルの数々を届ける事ができると楽しみにしていたのですが、
あまりにもショッキングな毎日でそれどころではありませんでした。

全てを放棄し身内の安否確認に全力を注ぎました。結果、全身の力が抜けました。

今はただ皆さんのご無事を祈るばかりです。今私に何ができるか考えています。
今この瞬間に出来る事も大事ですが、

少し先の未来に向かい手を取り合い協力することもです。



──────────────────────────────────
◆ インテグレーテッド マーケティング コミュニケーションズ
──────────────────────────────────


今年2011年3発目の新商品が完成いたしましたのでご紹介させて下さい。
無料サンプルも2つ動画をご用意しておりますので是非ご訪問下さい。


▼ Integrated Marketing Communications
http://nagayamatakashi.com/cell_imc.html

期間限定特別価格での提供を実施しております。
「2011年3月31日(木)」までは、ほぼ半額での提供を実施しております。
お早めにお申し込み下さい。

今回の新商品では、未来のマーケティングスキルの数々を習得して頂きます。

・ マーケティングコミュニケーションの具体的な役割の数々はなにか。
・ マーケティングコミュニケーションはどのように作用するのか。
・ 効果的なコミュニケーションを開発するための主なステップはなにか。
・ コミュニケーションミックスとは何であり、それはどのように設定すべきか。
・ インテグレーテッド マーケティングコミュニケーションズの圧倒的な力とはなにか。

上記はほんの一部ではありますが、これらの問題は勿論、
売上に直結するあらゆる問題の数々を解決することができるようになることを目的としたものです。

また以下の売上に直結するハイレベルでマニアックなテクニックの数々をじっくり解説致しました。

・ Direct marketing
・ Marketing communications mix
・ Buyer readiness stages
・ Word of mouth influence
・ Nonpersonal communication channel
・ Affordable method
・ Percentage of sales method
・ Objective and task method
・ Competitive parity method
・ Objective and task method
・ Push strategy
・ Pull strategy

現在、技術の進歩が消費者や市場、そしてマーケティングに大きな影響をもたらし現在の環境が整備されています。

なかでもソーシャルメディアがマーケティングに与える影響を考えるとインフルエンサーのポジションは重要で無数の人に影響を与えます。

特にプロトタイプのソーシャルメディア(ツイッターなど)は連鎖し拡散力が強く企業側にとっては無視できない強い潜在力を持っています。

製品が悪ければ瞬く間にうわさが広がり、企業に致命的な影響を与え、逆は好機をもたらします。

しかし、現代のマーケティングは、ただソーシャルメディアを推進し、良い製品を開発し、魅力的な価格設定をし、顧客または潜在顧客にとって入手しやすくするだけでは不十分です。

企業は現在のそして潜在的なステークスホルダー、さらに一般大衆ともコミュニケーションをとらなければならないのです。

多くの企業に問題となるのは、コミュニケーションをとるべきかどうかではなく、何を、どのように、誰に対して、どれくらいの頻度で伝えるかということです。

しかし、消費者の関心の対象が多様化している現在、あの手この手で消費者の関心をつかもうとする企業が増え、コミュニケーションの難しさを増すばかりです。

対策として行われていることは、標的市場に到達してブランドエクイティを構築するために、マーケターは創造性を発揮して複数のコミュニケーション形態を使いこなしています

今、私達がやるべきことは。

一貫したメッセージと戦略的なポジショニングを伝えることができるようにコミュニケーションを取らなければならないのです。
マーケティングコミュニケーションを効果的に行うには、効果的なコミュニケーションの基本要素を知る必要があるのは勿論、

世界で通用する洗練されたコミュニケーションスキルの習得が必要となります。

今回の「Integrated Marketing Communications」は、コミュニケーションの作用と、企業にとってのマーケティングコミュニケーションの活用法をすべて解説しています。

世界で活躍している有能なマーケティングコミュニケ―ターが完全に習得しているスキルを全て公開します。よってプロのコミュ二ケーターと同じスキルを習得して頂きます。

高度なコミュニケートスキルから、とてもマニアックでスリリングなコミュニケーションまで、すべて網羅しております。世界的有名企業のケーススタディも取り入れ理解しやすいよう解説しております。

ソーシャルメディアの発展が著しい2011年現在、マーケティングコミュニケーションをまったく知らないでは済まされない状況です。

2011年現在の企業が行うビジネス活動は、過去と比べものにならないほど、数多くの人からチェックを受けるようになっています。グローバル化した市場での競争も、厳しさが日々増しています。

先進的ないくつかの企業は、これまでのマーケティングに限界や矛盾を既に感じ始めています。すみやかにマーケティングコミュニケーションについて慎重に検討すべきだと主張しておきます。決して誇張表現ではないと理解できるはずです。

賢明なマーケターは「Integrated Marketing Communications」をお申し込み下さい。


ただ、申し訳ないことがひとつだけあります。合計すると13時間44分です。
ファイルサイズは1ギガを超えており全てダウンロードするには結構時間がかかります。

インターネット環境によりダウンロードする時間差はあるかと思いますが、今までよりずいぶん長くなります。ですので、前回同様ZIPファイルにまとめ、全てを一発でダウンロードできるように今回も作成しております。

お申し込みがお済みになり、ダウンロードサイトに到着しましたら、ダウンロードボタンをクリックし全部ダウンロード完了するまでしばらく放置することをお薦めします。

無料サンプルも2つ動画をご用意しておりますので是非ご訪問下さい。
▼ Integrated Marketing Communications
http://nagayamatakashi.com/cell_imc.html

期間限定特別価格での提供を実施しております。
「2011年3月31日(木)」までは、ほぼ半額での提供を実施しております。

お早めにお申し込み下さい。

2011年4月上旬にソーシャルメディア新製品を発売致します。
ニューヨーク、ボストン、サンフランシスコから新情報が続々と入ってきております。
日本未公開のものばかりです。

その際、今回の「Integrated Marketing Communications 」をお申し込みの方へは特別に優待致します。優待方法は前回と同じになります。

古い情報でマスターベーション中の自称パイオニアに圧倒的な知力の差を。


──────────────────────────────────
◆ 警視庁へ通報協力
──────────────────────────────────

もうご存じかと思いますが、今回の震災に便乗し、義援金を集める詐欺が蔓延しております。注意しなければいけないことは、大半が詐欺という現実。

特に、デジタルコンテンツ関連企業が集める義援金徴収に関しては、ほぼ100%が自分の懐へしまいこみます。信じたくはないでしょうけど、これが現実です。

日頃から詐欺的商品を売り付けている企業に良心的行為はできません。平気で嘘をつき、良心につけ込みます。

例えば、10万円義援金を集めれば、9万円を義援金徴収の際の経費として懐に収め、実質1万円ほどしか寄付しない、最悪すべてが懐へとなります。

100万円であれば、90万円~100万円を「経費」として自分の懐へしまいこみます。これが実態です。

「そんなことはしないだろう。」
そんなことを平気で行うのです。本当に信頼できる企業へ賛同して下さい。

私は「日本赤十字」へ微力ながら送金しております。
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00002074.html

「郵便局」へも微力ながら送金しております。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tukau/fukusi/kj_tk_fk_gienkin.html

義援金を語る中小零細企業や個人への寄付はおやめ下さい。どうしても企業の仲介にての場合、本当に信頼できる企業を選択して下さい。

情報関連企業は100%の確率で詐欺。どんなに訴えかけていようとも信頼しないでください。

「一部を義援金」「半分を義援金」「全額義援金」

などなど、ここぞとばかりに良心を逆手に取る手口は蔓延しております。絶対にご注意を。

どうしても信じられない方は警視庁へ。
http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki31/1_hurikome.htm

通報協力をお願い致します。当方、直接日赤への送金を強くお勧めします。

「一部を義援金」「半分を義援金」「全額義援金」と呼びかけている個人のひとへ。
私ならば宣言せず、売上を黙って義援金へと回します。

もしくは日赤へリンクを貼ります。


──────────────────────────────────
◆ 様々な世論
──────────────────────────────────


アメリカ、CNN、NBC、ABC、を見ていると意図したデマが多く流されていました。
CNNはまだマシで、他の局はヒドイ状況でした。原発開発で対立した内容のものばかりを繋ぎ、

事実とは全く異なる映像を整然と流し訴えかける手法を見て愕然ともしました。

原発反対派 VS 原発賛成派

原発とは無関係の家事の映像と、キノコ雲や入道雲の映像流していた時にはさすがにひきました。

福島原発を設計したアメリカのゼネラル・エレクトリック社(GE)関連の事も多く流されていました。

シーシェパードの次なる行動も赤裸々に公開されていました。日本が捕鯨調査の中止をしたとたん、シーシェパードと契約していたドキュメンタリー番組が降板となり、困っていた矢先の取った次なる行動。

イルカもの。金脈欲しさに活動しているエセエコ活動の内容。クジラがダメならイルカで飯を食おうと。

中国は尖閣獲得のチャンス、だとか、
ロシアでは北方領土温泉開発を強行、だとか、
韓国は竹島の位置が動いた、大変、だとかどうとか。

近隣国は一体。。

勿論、いいニュース、感謝しきれないニュースが多いわけですが、非情なニュースも多くあるのです。しかし、驚いたのは台湾の支援に関するニュースが殆ど出回っていないなどの情報操作。

管?と言うどこの国の首相かわからない者達、与党による失言等の数々に対する隠ぺい処理。

ここは日本なのか、いや中共なのか、と錯覚してしまいました。

サイトのニュース記事まで次々に削除し、何をやっているんだこの国は、何をやりたいんだ、と凄く悲しくなりました。

あと、もうすぐ知事選があります。将来を見越した冷静な判断で投票をお願い致します。

政府与党が既に最悪な状況で腐敗しているならば、せめて知事はしっかりとした者の選任を願っております。


──────────────────────────────────
◆ 2週間ほど考えたあげく
──────────────────────────────────

地震発生から今まで私に何ができるかを考え、行動できることは出来るだけやり続けています。妻、スタッフにも協力してもらっています。

各ソーシャルメディアを活用した現状報告以外です。

最終的に私たちができる事は。今ある仕事を全うする事ではないかと考えています。勿論、様々な援助活動を並行しての話です。

津波により亡くなられた方々は、今このメールを読んでいる時間も惜しかった方々です。もう読み物を読みたくても読めないのです。

数年前、私の人生を変えた言葉です。

「あなたが空しく生きた今日は、
昨日死んでいった者があれほど生きたいと願った明日」

今日という日は、今回の地震でお亡くなりになられた方々が、生きたくてたまらなかった日です。

仕事をして、家に帰り、メシを食い、と何気ない普通の生活を、今回被災した方々がどれだけ熱望したことかを想像すると、なんとも切ない気持になります。

私は幸運にも通常の生活ができております。何不自由なく、パソコンの前でキーボードを叩き、この文章を入力することができています。

私の誓い。

被災した方々の為にも、今までの2倍、3倍、仕事を頑張り、そして個人としては微力だけれど出来る限りの支援を続けます。

あと人生というものは山あり谷ありです。今回私は幸運が流れてきましたが、いつか違う形で危機にあうことになります。

地球上の人類、全ての者へ言える事ですが、私だけはずっと大丈夫、なんぞあるわけが無く、すべて平等に事が流れるのが人生だと考えています。

時間も平等に与えられており、好機逸すべからず、好機も同じように訪れ危機も同じように訪れます。
一日一日、大事にしようと今まで以上に実感しました。


大変長くなりました。この辺で失礼いたします。
長文にお付き合い頂きありがとうございました。


デジタルナレッジ 永山 崇





追伸:1

私どもが作り出す製品は
企業の運命を左右するものですので
真剣に作っております。

もしよろしければお申し込み下さい。
▼ Integrated Marketing Communications
http://nagayamatakashi.com/cell_imc.html

期間限定特別価格での提供を実施しております。
「2011年3月31日(木)」までは、ほぼ半額での提供を実施しております。



追伸:2

コピーの法則というのは本当にあるのだろうか。
と最近よく考えています。

ある程度のことは必要かもわかりませんが、
それは個人レベルで意識するものだろうと考えています。

シンプルですが心に響きます。

『時間の関係』
http://www.youtube.com/watch?v=20Vy0gxSsLg

『時の商人』
http://www.youtube.com/watch?v=iGMePCIFDhg&feature=related

『にんげんの時間』
http://www.youtube.com/watch?v=9ND9zq3AQHs&feature=related

『Happy Birthtime』
http://www.youtube.com/watch?v=CZOMUX_TGnw&feature=related

地方のローカルCMと思えないほどのできあがり。
2006年のACC CM フェスティバル受賞作品です。

コピーの法則というのは本当にあるのだろうか。
と最近よく考えてしまいます。


追伸:3

ドイツのベルリンやミュンヘン、ハンブルク、ケルンの各都市で大規模な反原発デモが行われています。

しかし、原発により発電する供給源は絶大なものなのです。

一度、原発17機により作られた電気供給を無くしてみて、電気のない生活を長い間体感してみてからでもいいのではないか、と。

その結果、それで原発はやはり不必要だ、原発により作られた電気には必要が無い、と感じ取ればデモを行えばいいかと考えています。

一時的な感情も大事ですが、実際無くなればどうなのかも考えなければならないのです。

結果、今やらなければならないことは、デモでなく考える事です。
原発の代替を考える事が先です。

ここまで読めば、原発賛成派と思われるかもわかりませんが、反対派です。

世間体を考え反対派を主張しているではなく、私は長崎人で原爆が落とされたところに住んでおります。

被爆された先人と数え切れないくらい会ってきました。ここあたりの高齢者は高確率で被爆手帳を持っております。

嫌と言うほど原爆の恐ろしさを幼少のころから学習してきています。
反対思想が自然と頭に。

しかし、ただ危険だから反対では解決しない問題です。

この記事も原子力により作られた電気により書くことができているのです。
原子力が無ければ、どれだけ国民生活に影響が出るかを考えると想像できないほどです。

国民一人ひとりで考えなければならない事だと考えています。

0 件のコメント:

コメントを投稿