2011年1月14日金曜日

2011年の進化




新年あけましておめでとうございます。
 
旧年中は格別なご高配を賜り、まことに有難く厚く御礼申し上げます。
本年も、より一層のご支援を賜りますよう、従業員一同心よりお願い申し上げます。



                            デジタルナレッジ


━━ MENU ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 2011年の心構え
◆ 連動メディア
◆ すべてが変わるわけではない
◆ 参謀的な組織の役員立候補受付
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


遅くなりましたが新年の挨拶でした。





────────────────────────────────────
◆ 2011年の心構え
────────────────────────────────────





2011年、様々なメディアが変化し消費者層も今まで以上にガラッと変わってきそうな予感がします



こんにちは、永山です。



例えば、消費者へアプローチする際。

どのメディアに出したらターゲットとする消費者層へアプローチすることができるだろうか、わか

らない・・・

これは消費者の商品に対する選択肢が多様化したことでターゲッティング戦略も、より緻密に進化

し続けているのが原因です。

いま必要とされている対策は、一発狙いではなく、裏技的なテクニックでのカバーでもなく、ひと

つひとつの積み重ねにより売上を作っていく発想。

原始的で非常に古臭い発想、どん臭いやり方に聞こえるかもわかりませんが、現在の状況から言えば最も効果的なこと

なのです。

最新技術を使えば何とかなる、大丈夫だろう、的な発想は捨て去らなければいけません。


新しい靴を買えば、足が速くなるだろう、と考えているのと同じです。

iPadを買えば、頭が良く見えるだろう、と考えているのと同じです。


アメリカ各地で起こったゴールドラッシュ現代版でしょうか。

金は出ないでジーンズとつるはしだけが売れに売れたことが起きそうですね。

というより既に起りかけてはいますが。。




────────────────────────────────────
◆ 様々なメディアの躍進
────────────────────────────────────

しかし、最先端メディアの動向には常にアンテナを張っておく必要はあります。


ソーシャルメディアの次にはどのように進化した内容のメディアが出現するのだろうか。

これは海外のマーケターが注目していることのひとつで「身近な情報との連動メディア」。


わかりやすく言うと、

携帯端末の浸透により、GPS機能をいかにマーケティングに繋げ活かすことができるかが、今後のカ

ギとなるのではないかと。

この新テクノロジーの最新動向はまだ世界を見渡しても初動であり、ユーザー数も数百万程度でサ

ービス内容も不十分な状況です。


2011年1月現在、NYC、Boston、から次々に最新の事例が送られてきていますが、今後おそらく1年

以内に非常に興味深い現象が日本にも到来してきます。

融合された進化系のソーシャルメディアも到来します。日本が苦境の状況に合わせたかのように入

ってくるタイミングを計られている、という策略が非常に面白くなりそうです。


今現在、一つのメディアに一本化しているのであれば、体制を見直す必要があります。

現在のソーシャルメディアは全盛期、もしくは衰退と勘違いされがちですが、初動でありこれから

様々な道に進化を続けます。

柔軟にフットワークよくテクノロジーの変化にスグに対応できる姿勢が必要だと言う事です。

一つのメディアに執着しないことです。




────────────────────────────────────
◆ すべてが変わるわけではない
────────────────────────────────────



あと、総合的な事を言えば、現在の状況はコンテンツの質で勝負する時代。

これは、どんなに環境が変化しようとも、人間の欲求は何一つ変わりません。


今現在の日本の状況を見渡してみると、環境が大きく変わっている、意識や行動が大きく変わって

いる。だから人間の欲求自体も大きく変化しているんだ、大変だ。

と、考え慌てふためき、いてもたってもいられず、様々な環境に対応したリーチをしようとしてお

られます。

しかし、実際は人間の抱く基本的欲求そのものには大きな変化は殆どないのです。


簡潔に言いますが

消費者に対しリーチするためにコストを費やすのではなく、

消費者を魅了するコンテンツの質で勝負する時代。



現在は、一部のプロだけではなく、あらゆる人がコンテンツを自由に発信できる時代です。

そして、そのコンテンツが人々から支持されるものであれば、瞬く間に世界中に浸透していきます



これは、今まで目立ってきた特定の人物でも、ごく一般の人でも同じ環境であり、非常にエキサイ

ティングな状況がこれからどんどん広がる、と考えています。

こだわりを持ち続け、コンテンツ内容で勝負してください。






────────────────────────────────────
◆ 参謀的な組織の役員立候補受付
────────────────────────────────────


続いて、今年2011年の計画について少しばかりお話します。


今年、4つプロジェクトを立ち上げますがそのうち一つは、参謀的なマーケティング組織をソーシャルネットワーキングサイトを使って作ります。


世界各国のグローバル化の流れをコミュニケーション通じ共有する組織です。

数千名程度の規模で運営して行こうかと考えています。

異質な人材がぶつかり合うフラットな精鋭組織。



そこで今のうちにディレクター、プランナー、オブサーバー、の立候補者を数十名募集します。

仮受付はコチラのフォームから行います。


最先端の世界各国のマーケティングを勉強したい、調査したい、伝えたい、

とりあえず面白そう、楽しそう、と思われた方は登録お願いします。



メリットとしては、

未知数。今のところ想像できません。


活動については、

・様々な記事やトピック、各種コンテンツ作成に積極的な方。
 (各分野の最新状況や過去ケーススタディーなど嬉しいです。)

・様々なマーケティングに詳しい方、マーケティングに興味がある方を当組織内へ招待していただ

ける方。

・積極的に企画立案や自分ができる範囲内(これは専門分野だから提供したい)の事を行う事。

・国籍は問いません。(日本語ができること)

この組織の名前はまだ未定です。完全無料で参加できます。


これからマーケティングを研究していきたい、と強い意志を持っている方ならば、特別なマーケテ

ィングスキルは必要ありません。

これまでのキャリアも関係ありません。


スタートラインは皆同じです。


出来ることは少なくて構いません。


すべてノルマはありません。


出来る範囲内から少しずつ積極的にお願いします。

最終的に、私がいなくても運営できるようにお願い致します。


尚、当組織で何かしらの勧誘(セミナーや塾)は行いません。



一つだけ、守って下さい。

「ジェントルマンであること」

以上です。











それでは失礼します。

お読み頂きありがとうございました。




追伸


2011年1月15(土)~1月17日(月)まで会社をお休みします。

HSFメンバーの方でスカイプコンタクトしている方は何かあれば携帯までご連絡下さい。

当社スカイプ欄に表示しています。








0 件のコメント:

コメントを投稿