2008年11月24日月曜日

果敢

何気にブログを「更新しよう」と思うのだけど
最近かなり抵抗気味。

いや、ブログだけではなくメルマガも。

このブログは毎日かなりの人が訪れるようになり
はじめは躍起。

しかし、最近特に抵抗を感じるようになったのはなぜか?

と考えると、「言葉を選ぶ」。

選んでないような雰囲気を醸し出すようにと心がけている自分が、どうも気に入らない。

納得がいかないし、自分を誤魔化しようがない。


無理して自分(永山崇)を作り上げているような感じ。


だから5人だけ読んでくれ、と本気で思っている。


「想像した一人に対して書けばいいよ」

とかアドバイスは要らない。


わかってはいるが、どうしても意識してしまう。
最近のメールが特に。



しかし、これだけは理解していて欲しいと思う事がある。

私の発言には、

「すべての人に理解して貰わなくても結構」

と言う事。全然OK。

ホントに5人でいい。



それで話は変わり、

来年は果敢な計画を立てている。

と言うより、果敢な人生を送りたい。


懐疑論なんぞ妥当とは更々思えない。自己矛盾。


でも、ほとんどの方が慎重で躊躇した行動をしている感じを受ける。


別に指を切り落とされるとか、耳を削ぎ落とされるとか、

ましてや処刑されるとかはありえない。





あなたが自分のビジネスを確立したければ

全力で何も考えず突き進むべき。

悪い結果を考えたらキリが無い。


力ずくで強引に実行するくらいの心意気。


今現在実行している事が、10年後に結び付かない、
然程変わらないような展開だけは止めて欲しい。

先が見えない、など論外。

10年後変化がなければ、おそらくそのまた先の10年後も同じ道を繰り返す事になる。


だから果敢に進みながら習得する事を推奨したい。

曲がり角を曲がったら走り続けるべき。


それで、今回の記事は私にとって非常に気障。

吐き気を5回ほど催すほどだけど、本心。




それと、いつも訪問して頂いてありがとう。





★ 永山の考え事 ★


「テクニック、ツール、などなど

誤魔化しの凌ぎでは、金の流れは必然的に止まる。

むしろ、消えてなくなり途方に暮れる。


ポジションで凌駕したければ

根本的な骨組みから組み直す事が何より最優先。

後は、自分の世間一般の枠で固められた思考基準を破壊。

只管繰り返せ。

所詮、世間体の基準に過ぎない。

一般から特別、そして異常へ。

0 件のコメント:

コメントを投稿