2007年8月11日土曜日

センテンス

暑いっすね。永山です。


海沿いを車でドライブしていると新しくお店が開店していました。
イタリアン風だったので思わず車を止めて中へ。

写真はアイスコーヒー。

左側に生ビール冷えてます系のちょっとした告知には誘惑されませんでした^^

これはシーザーサラダ。サラダは基本的に好きです。
皿を持っている手が誰かは、秘密にしておきます。

ここはモロ岸壁なんです。ちょっと天気は微妙でしたので写りがあれですね。



これは一体何なのか?
ノートを新しく買いました。

色々忘れないようにメモするうちに書くスペースがすぐなくなってしまいます。

そして、これは財布です。

別にグッチが好きなわけではないのですが、一応使っています。
友人からプレゼントで頂きました。


おっと、これは最近姉の旦那がまた持ってきました^^
部屋の一角は観葉植物だらけになりそうです。




モロ写真アップしているので、頭がおかしくなったとか思われることでしょう。




さて、せっかくなので大事なお話をします。

なぜ、私は短期間に結構濃いブランディングができたのか?



いや、

この理由は色々とありすぎて一回では語ることができないのですが

数多くあるうちの1つを今日は説明したいと思います。


一言で言えば

「短く、わかりやすく」です。

こんなこと言えば、こんな回答が来そうですね。


「えっ、ちょっと、長いんですけど・・・」


いえいえ、その長さではないっす。

例えば

“ブログとは”で説明をするのであれば

一般的ありがちな回答としては

・まず、ブログという言葉が誕生した経緯から説明しよう。ブログの語源はウェブログ(Weblog)にある。WeblogとはWebとlogからなる造語で、直訳するとウェブ日記のこと。インターネットが個人にも普及し始めた90年代後半あたりから、ウェブ上で自分の日記を公開するウェブログが増え始め、ウェブログ作成のための専用ツールも登場したことから、さらにそのユーザーは増えていった。 そして2000年に入ると、「Weblog」を「We blog」のように区切って「blog」という動詞が使われるようになり、現在では名詞としても動詞としても使われる言葉「ブログ」が定着するようになった。 つまり、原点に立ち戻って名詞として捉えれば、ブログはウェブ日記のことだが、動詞としても使われるようになった今、「ブログする」という意味の解釈は広がりを持ち始めていて、現時点では、ブログを一意的に定義することが難しくなってきている。それでもあえて定義すると、「誰でも手軽に更新できる/または頻繁に更新されているウェブサイトのこと」と言えよう。単なる「ウェブ上の個人日記」から始まったブログだが、お気に入りのブログで情報収集するスタイルは今や定着しつつあり、その社会的影響力は日増しに大きくなっている。例えば、政治家の専門ブログ「ele-log(エレログ)」では、政治家の投稿に対して個人がコメントできるようになっており、ここで政治家を比較する有権者もいる。こうしたブログの登場で、選挙の投票率アップにつながるなど、政治の面でも一役買う存在となりつつある。さらに、あの米国同時多発テロのときブロガーが市民ジャーナリズムとして活躍したことから、米国ではブロガー(ブログを運営している人のこと)対ジャーナリストという対立さえ起こり始めている。 また、専門知識を持った個人やタレントがブロガーになると、ネット経由のクチコミ型情報伝達が活発になり、それが商品の売れ行きや企業経営に大きな影響を与えはじめている。そして・・・・・・・・・・・・・・・・


こんな感じの説明が続きます。
詳しく書いたらこんな感じですが、頭がパンクしそうですよね?

確かに知的には見えるが、簡単には理解できない。
しかもなんかカッコつけているようでクドイ感じさえ与えてしまうかもしれない。


なので私があなたへ説明するのでしたら

・ネットの日記版

と説明します。

一般人でも2秒かからないで理解できるでしょう。


多分、コッチの方が早く一発で理解してもらえます。

だから、すいすい読んでもらえるし簡単で分かりやすい。

まわりくどくないし、単刀直入で物事をはっきりと書いているしね。


たまに時限爆弾級の発言なんかしますが、ドキドキしながら自然と読まれるんです。


難しい説明は嫌われます。堅苦しい説明も嫌われます。

ってか、間違いなく読まれません。


極力、わかりやすく簡単に、一発で理解できるような書き方で説明をしてもらいたいものです。


メールでのブランディングだけではなく、商品のコピーライティングでも同じことです。

せっかくセールスサイトに飛ばしたけれど、
ちょっと難しくて読まれなかったら終わりですからね。

メールはなおさらです。

せっかく開いてもらったのに
意味不明な説明ばっかりだったら速効閉じられます。

しかも、売り込みのオンパレだったらその瞬間終わりです。



ちょっと考えてみてください。



あなたのメール内容はどうか?
広告はどうか?
ボディコピーはどうか?


合コンの自己紹介はどうか?(笑)



案外、見落としがちです。



私、普通に思うんですが
コレ直すだけで反応が全く違ってくると思いますよ。


ではでは。

0 件のコメント:

コメントを投稿