2007年7月14日土曜日

2人の若者

どうも、永山かも知れません。

一部の人笑わないで下さい。

えっと、とりあえず

お決まりなんですが台風が来ています。



風は強いです。マジっす。


昨日の夕方に撮ったのですが、怪しい雲が結構いたりします。
止まって見えますが、動きは速いっすよ。

台風は暴れん坊なんでね。


さて、今日は前回に続いて有名なコピーを紹介しましょう。


なぜか、好評だったので。


しかし、今回はあまりにも有名すぎるコピーですので知っている人が


結構いるかもですね。


知らなかった人はラッキーです。



これは「二人の若者」というお話を全面的に活用したやつです。


私のレターでもなぜか使ってたりします。


探して笑って下さい^^



ではこれです。



――――――――――――――――――――――――――――――

読者の皆様へ

「25年前の、暖かい春の日、2人の若者が同じ大学を卒業しました。この2人の若者には、多くの共通点がありました。






彼らは、他の普通の学生よりも優秀でしたし整った容姿を持ち、若き大学生として、彼らは2人そろって将来に対し大きな夢を描いていました。







最近になって、この2人が、25年ぶりの同窓会の為に大学にやってきました。現在でも、この2人には多くの共通点がありました。






彼らは共に、幸せな結婚生活を送っていますし、また彼らには、3人の子供がいます。



そして、なんと彼らには中西部にある同じ製造会社に就職し、現在もそこで働いています。








しかし、ある違いがありました。






彼らの片方は、小さな部署のマネージャーであるのに対しもう1人は、なんと会社の社長でした。」











上記の2人のように、「人の人生を分けるものは何だろう」とあなたは思ったことはありませんか・

それは生まれつきの知能や才能、あるいは熱意ではありません。1人は成功を望み、もう一人は成功を望まなかった、というわけでもありません。

2人の差は、それぞれの持つ知識と、その知識の活用の仕方にあるのです。

だからこそ、あなたやあなたと同じような方々に「ウォール・ストリート・ジャーナル」をご紹介したいのです。というのも、弊紙の目的は「ビジネスに活かせる知識の提供」にほかならないからです。

ご希望の方は、注文書に必要事項を記入し、同封の「料金受取人払い封筒」に入れてご投函ください。この新聞があなたのご希望にそえなかった場合には、いつでも購読を中止することができます。未読分の購読料は返金いたします。

このお誘いが公正かつ妥当なものだとお考えなら、何百万人もの読者の役に立っているこの新聞が、あなたにも役立つかどうか、すぐにでも知りたいのではないでしょうか。

注文書を今すぐ送付していただければ、すぐにお届けいたします。

冒頭で述べた2人の同窓生は、ともに大学を卒業し、ともにビジネスの世界に入りました。2人のビジネス人生を分けたものは何だったのでしょうか?

知識を得ること、有用な知識を得ることと、そして知識を活用することなのです。

ウォール・ストリート・ジャーナルを読み始めれば、成功が一瞬にしてあなたのものになるというお約束はできません。ですが、この新聞はいつでも興味深く、いつでも信頼できて、いつでも役に立つということは保証いたします。

追伸

大事なお知らせです。この新聞の購読料は課税控除の対象となることがあります。あなたの税務顧問にお尋ねください。


――――――――――――――――――――――――――――――


これは、何年も続いたコピーで想像を絶する異常な購読契約数を結んだ


「ウォール・ストリート・ジャーナル」のコピー。

発行人;ピーター・R・カーン。


小さな部署のマネージャーに差をつけた製造会社の社長が、はっきりウォール・ストリート・ジャーナルを読んでいたとはココで表現していないですが



そんな感じで説明している手法ですね。うまいっす。


錯覚しますよね。普通。



今、日本のネットビジネス界には、びっくりするくらい


ほとんどの人が、「とにかく新しいテクニックを知りたい」


と叫んでいますよね。



賛否両論あると思いますが


私は、こんな人とは近づきたくない。キモいんでね。



簡単に言えば、


足元グラグラ不安定なのに、


とにかくテクニックでナントカカントカ。


ツールでナントカカントカ・・・



だから、今回のコピーもそんな人は読まなくてもOK。


まったく意味ないんでね。



それ系の人に差をつけましょう。


では、このへんで。


台風にはお気をつけて。

0 件のコメント:

コメントを投稿